イラストレーター柏原昇店とは?


柏原昇店とは主にイラストレーター柏原全作が代表を務める個人事務所の屋号名。

漫画も描けるイラストレーターとして広告・web・書籍などで活躍中。

複数のタッチを使い分け、コミカルなイラストや漫画・キャラクターデザインを得意とする。難しい物事をわかりやすく伝えることを信念にして描いており、老若男女問わないタッチが持ち味。

柏原昇店 代表

柏原全作 (通称:パパン)

[映像制作会社]→[デザイン事務所]→[広告代理店]→[イラストレーター]へ。

柏原昇店の代表を努め、主にメインのイラスト・漫画制作を担当。複数のタッチを使い分け、幅広いジャンルで活用できるイラストを提供している。

柏原昇店 アシスタント兼 経理担当

柏原レイコ (通称:ママン)

[版画作家]→[デザイン事務所]→[柏原昇店 アシスタント]へ。
柏原昇店を影で支える縁の下の力持ち。
版画作家出身でアーティスティックな表現も得意。
学生時代は日本画を専攻し美術の教員免許も持つ。



イラストレーターの他にマンガも描くコミックブロガーの一面もあり、自身の日常を描いた4 コママンガブロク「新ちびといつまでも」では家族の日常をポップに描き、アメブロのデイリーランキング1 位を獲得! その後ライブドアブログ公式ブロガーとなり、2017 年ライブドアブログ OF THE YEAR 受賞。

主な著作物に自身初のコミックエッセイ「ちびといつまでも」- ママの乳がんとパパのお弁当と桜の季節-(GB 出版)、キノブックス「おもしろくて役に立たない!? へんてこりんな宇宙図鑑・からだ図鑑」、小学館「おもしろくて役に立たない!? へんてこりんな地球図鑑」、「自衛隊防災BOOK」(マガジンハウス)、「哀愁サラリーマン4 コマ 末吉日和」「子育て4 コマ奮闘記 ちびといつまでも」(共にゴマブックスより電子書籍化)などがある。